コンサルタントエッセイ

今日出逢った人、ふっと感じたこと、仕事の話と脱線話。コンサルタント道明のココロ、覗いてください。

ライフデザインしてますか?

[2009/7/13 18:14.13 | Comments(1)]

4年半前に外資系企業へ管理部長として紹介したWさん。
そのWさんが今月その会社を退職する。

理由は転職でもリストラでもない。

Wさんは入社以来、ステディな仕事ぶりで立派に会社に貢献され、
信頼感の持てるパーソナリティでも評価されてきた。

では何故???

それは、「アーリー・リタイア」なんです。

「道明さん、ホントのこと言うと50才になったら田舎でのんびり暮らしたいんですよ」

「ホントですか?あと2年じゃないですか??
 そんなに早く辞めちゃう人を紹介なんて出来ないですからね!!
 Wさん、せめて3年、いや5年は勤めてくださいよ!」

実は転職のご相談を受けていたときから、こんな会話をしていたんです。

Wさんが今回、実際にアクションを起こすことになったのは、
お身内のご不幸など、他の理由もあったようですが、
不況風がビュービュー吹くご時世で、この決断にはビックリしました。

でも、裏を返せばWさんは不況風など関係なく、
いつでもリタイア出来るご準備を着実にされてきたのでしょう。

奥様とも何度かお会いさせていただきましたが、
お2人とも趣味や生活の嗜好がすごく合っていて素敵なご夫婦だと思いました。

だからこそ、今回のアーリー・リタイアには重みも感じます。
ずっと前からWさんご夫婦はしっかり「ライフデザイン」をされてきたのですから。

以前、知り合った20代の若者たちが「金持ち父さん、貧乏父さん」をバイブルに
30代でのアーリー・リタイアを目指している話にはゾッとしましたが、
それとは全然違いますね。

明日、Wさんからお食事に誘われています。

今さらながら「ライフデザイン」の仕方と、
夫婦一緒の楽しみ方の秘訣でも教えてもらおうかなぁ。
人に相談することじゃないか?(笑)

Wさんの年にあと3年。
いずれにしても、どっぷり「キリギリス」の私には、
アーリー・リタイアは「絶対に」ありえませんが・・・(悲)

Wさん、お疲れ様でした!
そして、新しい土地でのセカンドライフを楽しんでくださいね!!!

Trackback URI

Comment(1)

ライフデザイン(ビジョン)素敵なお話ですね。自分には無いのが恥ずかしいです。

  • 2011/4/15 18:51.20
  • 甲斐 正彦

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ