コンサルタントエッセイ

今日出逢った人、ふっと感じたこと、仕事の話と脱線話。コンサルタント道明のココロ、覗いてください。

留学経験

[2010/2/2 12:45.04 | Comments(0)]

海外留学したことがありますか?

仕事でお会いする転職相談の方々の履歴書を拝見すると
社会人になってからの海外留学経験をしている方が多いなぁと思います。
特に30才前後の女性に多いですね。

以前に、30才前後の女性は自分磨き?で何らかの「勉強」を始める。(カルチャー/資格スクール)
35才くらいになると健康増進?「走り出す」(ランニング、健康ブーム)
40才くらいになると自己表現欲が出てきて?「踊り出す」(社交ダンス、フラダンスetc)
と言う話をしたことがありますが、留学もその傾向の一つでしょうか。

自分自身も学生時代に留学をしたいと思った時期もありました。
理由は「留学=カッコイイ」、「そのときの彼女が留学してたから」と、
かなり不純だったもので、実現にこぎつけることは出来ませんでした。

もっとも一番の理由は、1ドル250円だったので今よりべらぼうにお金がかかり、
ホントにお金持ちじゃないと行けない時代だったんですね。

それを考えると海外留学は身近な時代になりました。
だからこそ数多くの方が「気軽に」留学に行ってるのでしょう。

さて「気軽に」と書きましたが、ここが肝心です。
「楽しい」留学を終え帰国したら「厳しい」職探しの道が待っています。

私個人は留学大賛成派です。
自分がそうできなかった反動かもしれませんが、
どんな理由で留学したにせよ、向こうで仮に遊んじゃったとしても(笑)
若いうちの海外での生活経験は何かしらインスパイアされるものがあると思いますし、
やりたいことはやる!の人生の方が豊かだと思います。

「厳しい」と書いたのは、特にこのご時世、職探しをする場合に企業側が
留学経験をプラスに見てくれるケースが少ないことなのですが、
それをやわらげるいくつかの方法があるかもしれません。

(1)語学留学なら、TOEICで800以上(出来れば850以上)のスコアを帰国後必ず取得

(2)ビジネススクールなら今までやってきた仕事の内容に関連したものにして、
  キャリア/スキル/知識の上積みになるような留学経験とすること

(3)最後にこれだけは一朝一夕にいかないのですが、実は一番重要。
  ①留学前には転職を極力していないこと。
  ②その会社でその年齢なりのしっかりしした経験を積んでいること。

企業側の視点はおわかりになると思うので詳細は書きませんが、
是非心に留めておいてください。

私は留学経験組の方、応援します!
ちなみにウチの奥さんも結婚後に数回短期留学してますから(笑)

ああっ、転職Q&Aみたいなブログになってしまった。
そっちも書かねば(汗)

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ