コンサルタントエッセイ

今日出逢った人、ふっと感じたこと、仕事の話と脱線話。コンサルタント道明のココロ、覗いてください。

先輩の言葉

[2011/4/12 10:08.08 | Comments(1)]

あの忌まわしい大地震から1ケ月が経ちました。
今朝方も電車が止まるほどの余震があり、何かと落ち着かないですが、
みなさんお元気でしょうか?

先週、ある企業の監査役にご紹介した大ベテランのAさんとご一緒しました。
このAさん、ご転職後も何かの機会につけとても目にかけてくださって、
その度に声を掛けていただきおいしい食事とお酒をご馳走してくださります。
本当に有難いことです。

Aさんとご一緒するたびに、とても楽しい上に、経験豊かな色々なお考えを伺えます。
そして素晴らしい言葉もその会話の中に見つけられるんです。

さて、その日は某駅の近くで待ち合わせ。
駅前には大学生とおぼしき10人くらいの男子女子が1列に並び、
響き渡る大きな声で一生懸命に、とても爽やかに募金活動をしていました。
自分の心には、ああ感心なコ達だなー、頑張って!との思いが。

Aさんとご一緒して、再度その場所に戻ってきたときに、

「ずいぶん長い時間彼らは頑張ってやってますね!」 と言うと、

「そうですね。爽やかな青年達です。でも、なんで募金活動なんでしょうか?
Better than nothing で、何もやらないより遥かに彼らは素晴らしいと思いますが、
何で人のお財布を頼りにするんでしょうか?
私はこの時間を彼らが全員アルバイトして、
その賃金の半分でも寄付したほうがいいと思います。」

Aさんはもちろん彼らを非難しているわけでもなく、
より本質的な考え方、よりポジティブな生き方のことを言ってるのです。

ボーッと表面だけを見ていてはダメなんだな、物事にはいろいろな側面がある。
この日もまたAさんからのいい言葉をいただきました。

最近、休みの日に奥さんと一緒に、ドラマ三国志(全48巻)を楽しんで観ていますが、
この中にも、主君や軍師や将軍たちのきらめく言葉がたくさんあります。
そして、その言葉や考え方が国の存亡にも影響する場面が多々あります。

日本は、日本人は知的レベルは決して低くないのに、
なぜ言葉の力を持つ人が少ないのだろうか?
いや、いるんだろうとは思いますが、今の政治家には残念ながらいないようです。

またAさん、ご一緒させてくださいね。よろしくお願いします。

Trackback URI

Comment(1)

Aさんの人のお金に頼らず、皆でアルバイトして半分づつでも出し合うという考え方には驚かされました。まさにその通りですねというかそんな発想私のような凡人には考えもしませんでした。なるほどと思いました。

  • 2011/4/15 18:22.39
  • 甲斐 正彦

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ