北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

若くして年収が高いのが良いのか・・・?

[2010/1/7 14:16.43 | Comments(2)]

こういうご時世で、会社を辞めてしまってから
転職活動をしている人がたくさんいらっしゃいます。

28才で、1200万円
32才で、1000万円
26才で、900万円  etc.

ある意味、凄いですよね。
彼らは、きっと優秀なんだと思います。

僕なんて、30才の時、子供2人いて、残業を入れても、
年収500万円だったですからね・・・。
 
 
その彼らが、会社を辞めてしまって、苦戦しているんです。
人材紹介会社から紹介される案件は、全て、年収ダウン!
それも100万円や200万円ではなくて、半分近くになる・・・。

「年収ダウンする分は、少し安定性を・・・」

と思う気持ちも出てきたりするけれど、これだけの年収を
もらっているということは、それなりに責任と権限を持って
思う存分やってきたと思うので、安定性のある大きめの
会社に入社すると、いきなり下積み的な仕事に就いたりで、
どうしても、堅苦しさを感じてしまう。
 
 
ある会社の部長さん、

「年収を200~300万円ダウンさせて、来てもらうって
 いうのはどうでしょうか? 悩んでるんです。」

「そうですねー・・。本人は良いと言っても、転職して
 ストレスを抱えてしまうと、『こんなに頑張ってるのに
 給料はこれだけで、割が合わない。前職ならもっと
 楽しく仕事をして、お給料ももっともらって・・・』って
 思ってしまうんですよね。」

「若くして、年収をたくさんもらってしまうと、
 大変なこともいろいろ出てくるんですね。」

「確かに、年収が低い人の方が、選択肢は広くなりますね。」

そんな会話をしてきました。
 
 
  
  
もちろん、給料はたくさんもらった方が良いと思います。
所謂、勝ち組にいることは大切です。凄いことです。
でも、ずっと勝ち組でいるために、どんな会社に働いて
いても、日々努力が必要だということです。
油断してはいけません。
  
 
さらに、万が一、勝ち組でいられなくなった時の、備えも
ちゃんとやっておかないとね・・・。
 
 
 
頑張りましょう!!!(笑顔)

Trackback URI

Comment(2)

商社OLから今の会社に転職した時(しかも最初は派遣社員)、派遣会社の担当の方が「お給料、すごく下がりますよね。」と心配してくださった記憶があります。
でも、伸び盛りのIT業界での可能性を考えると、事務職では海外出張もなかったわけですから、仕事の範囲/チャレンジの幅はとっても広がりました。
今でもその商社に勤め続けている同期女性はそうとう稼いでいるので、私も残っていれば同じくらい稼いでいたかしら?、と思ったりもしますが、お金の充実を取るか、仕事の充実を取るか、転職中の皆さんの悩みどころですね。
お金も仕事も、の会社を皆さんに紹介するために・・・今日もお仕事頑張ってくださいね。

  • 2010/1/10 14:10.01
  • ぷりん

ぷりんさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
仕事を探している人は、給料は高くて仕事は楽しい(楽な)方がいいに決まっています。会社側は、安い給料でたくさん働いて(貢献して)くれる人がいいに決まっています。
それぞれの主張を纏めるわけですから、大変です。
でも、やっぱり会社を辞めてしまってからの仕事探しは大変です。何があっても次を探してからにして欲しいものです。

  • 2010/1/12 16:55.05
  • admin

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ