北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

おでんは夏の食べ物!?

[2010/2/6 22:27.28 | Comments(0)]

昨夜、明治記念館で、母校、大阪府立大学の
東京同窓会がありました。
 
会社を設立したころは、幹事の一人として
お手伝いしていたのですが、最近は、幹事も
降りて、いつも欠席でしたが、久しぶりに
参加してきました。
 
 
 
特別講演で、WWW(世界自然保護基金)ジャパンの
会長で、(財)徳川記念財団理事長の徳川恒孝さんの
「江戸時代に学ぶこと」というお話を聞きました。


 
 
江戸時代は、日本橋に市場があって、東京湾で
獲れた魚は、大急ぎで船で市場に運んできて
売られたらしいのですが、夏は魚が腐りやすいので
すぐにすり身にして、おでんにして食べたらしいのです。
 
今は、冷蔵庫や冷凍庫があるから、魚を保存して
寒い冬におでんを食べるようになったんですって・・・。
 
思わず、「そうなんだ~!」なんて、思ったりして・・・。  
 
 
  
その他にも、良いお話をいっぱい聞きました。
  
江戸時代の前は、国家予算の8割が軍事費で、
第2次世界大戦の時も、8割が軍事費・・・。
(今の逆?) 
 
 
外国人の学生から
 
「日本だけが、権力にお金が集まらないのはなぜか?
 権力を持っていれば、当然、お金が集中するはずだ!
 徳川さんは、どこかにお金を隠しているでしょう!?(笑)」
 
と良く質問されるらしいです。
 
日本は儒教の国で、武士はお金に触らない。
モノを買うときは、財布をお店に渡して、そこから代金を
取ってもらったらしいです。
それが、徳川吉宗の時代から、倹約にも現れたらしいです。
これは、今の日本人の中にも、脈々と受け継がれていると
いうことでした。
 
 
 
最後は、地球温暖化のお話でした。
 
「地球の水の97%は海水で、川や湖・池にある淡水は
 僅か1%、氷になっているのが、2%らしいです。
 今、温暖化で2%の氷がどんどん溶けていっていて
 海面が確実に上がっていること、さらに、今から対応
 していかないと、いざという時にやっても、止まらなく
 なってしまう。
 『車は急に止まれない』と同じになってしまう。」
 
 
 
本当に勉強になりました。

真剣に考えましょう!
そして、行動しましょう! 
 
 
 
懇親会にも参加したかったのですが、どうしても
お会いしたい人がいて、・・・途中で会場を出ました。
 

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ