北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

職務経歴書の全ての文章は、読んでいられません・・・!?

[2010/4/30 14:02.20 | Comments(0)]

ある企業の人事部を訪問した時のお話。
 
 
こういうご時世なので、ちょっと求人情報を掲載すると
ど~~~っと、応募が来るらしいです。
 
 
「折角、応募してくださった方々の経歴書ですから
 しっかり読まなければいけないと思いますが、
 ごちゃごちゃたくさん書いている人ほど、内容が
 乏しいことが多くて・・・。
 とてもとても全てに目を通していられません。

 応募する人は、何か引っかかればと思うのか、
 たくさん書く気持ちはわからないでもないけれど、
 逆に、『この人は簡潔にまとめられないのかな?』
 と思ってしまって、評価が下がりますよ。」
 
 
「じゃ、面接する?しない?は何で判断しているのですか?」
 
 
「さーーっと目を通していると、ポイントというか、
 当社にとって重要な事柄があって、それが
 目についた人の場合に、面接に進むんです。

 長く採用をしていると、こういう経験をしている人、
 こういう表現をしている人は、当社に来られて
 活躍する可能性が高い! ということがあるんです。」
 
 
 
僕も、転職相談に来られた人によく言います。

「職務経歴書ももっと短く、コンパクトにしましょう!
 誰も読んでくれないですよ。
 あなたの会社でこんな長い資料を出したら、
 『A41枚にまとめなさい!』って言われませんか?」

でも、急に僕に言われても、なかなかできません。

「え~~!北田さん、そんなこと言わないでくださいよ。
 今までいろんな人材紹介会社へ行って、いろいろ
 アドバイスを受けて、『こういうことも書きましょう。』
 『これも書いておきましょう。』って言われて、
 ここまで来たんですから~!」
 
「それはそれで置いておいて、
 僕用に作ってくれませんか?^^;」
 
 
さらに、35歳を越えた人には、こんな話もします。
 
「貴方を採用してくださる人は、きっと貴方よりも
 年上の人だと思うのですが、貴方よりも年上の人が
 こんなにびっしり書かれた文章を読んでくれますか?
 お忙しい役職を持った人が、読んでくれないでしょう?」
 
 
 
とにかく、職務経歴書も、みんなフォームが同じで、
パッと見た感じは、どれも同じに見えたりすることも
あるので、職務経歴書も、オリジナルというか、
簡潔にPRすることが大切だと思っています。
 
 
そうそう、「オリジナル」というと、職務経歴書を
パワーポイントで作ってくる人がいますが、
それは、ちょっと・・・NGです。
 
 
 
さて、GWでリフレッシュして、GW明けには
スタートダッシュで行きましょう!!! 

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ