北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

放っておかれることに耐えられる人がいい!?

[2010/6/7 21:13.24 | Comments(0)]

求人を戴く時に、「どんな人物タイプがいいですか?」と
必ず聞くようにしているのですが、その回答は、その会社の
状況によって違ってきます。
 
 
「コミュニケーション力があって、周囲の人と馴染んで
 仕事をスムーズに運んでくれる人。」

というのが多いのですが、先日、訪問させていただいた
企業さんは、面白いことをおっしゃっていました。
 
 
「うちの社員は、帰属意識というか、集団に属していることを
 感じられないと不安に思うようで、ちょっと面白い人が
 入ってきたな・・・って思っても、すぐに皆に馴染んでしまって
 同化してしまうんです。

 だから、『1人で自由に遠慮せずに動いてごらん・・・』って
 言うと、困ってしまう。
 『1人で自由に!』って言うと不安らしいです。」
 
 
「でも、『自由にやって・・・』と言われるのが、実は一番
 難しいことだったりするんですよね。」
 
 
「いやーー、今のうちの会社は、放って置かれることに
 耐えられる人が欲しいですね。
 できれば、耐えるだけでなく、楽しめる人がいいですね!」
  
 
「 ・・・・・・  」
 
 
「でも、もう一つ問題があるんだよね。
 部下を放っておけない管理職がいるんですよ。
 
 部下を放っておける管理職を育てるか?
 放って置かれることを楽しめる社員を採用するか?
 どちらかというと、後者かな?」
 
 
 
そんなお話をしてきました。
本当に、欲しい人物タイプは、会社によって異なります。
それぞれの状況、課題があって、それを解決してくれる
人材を探しています。
 
 
皆さんは、放っておかれると楽しいですか?
それとも不安になりますか?

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ