北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

職のミスマッチが拡大!?

[2010/11/4 17:46.17 | Comments(0)]

今週月曜日(11月1日)の日経新聞に、

失業率5%の7割強が、
職のミスマッチ拡大
産業構造の変化が影響

そんな記事が載っていました。
 
 
「景気が悪くても人材募集は常にある。
 それでも、失業者がいなくなることはない。
    ・・・・・
 仕事を探している失業者が最適な働き口を
 見つけるには時間とコストが掛り、失業者は
 働き場所がないから生まれるのではなく、
 ミスマッチによる失業者は数多い。」

という、サーチ理論のことも紹介されています。
 
 
 
僕らのような仕事をしていると、
今さら何言っているの?
と思わざるを得ないのですが、
(偉そうにしてすみません・・^^;)

企業が大きく変化して行っている
(・・・というか、いろいろな外的要因から
 生き残るために、そうせざるを得ない?!
 大きく舵を切っているのです。)
のにも関わらず、

職を探す人の意識が変化していないかも?
と思うことがたびたびあります。
(先のブログにも書きましたが・・・)
 
 
自分の経験したことが、どれ位の価値があるのか?
価値がなければ、又は 価値が小さいのであれば、
大きく仕事探しの方向(舵)を切らなくてはなりません。
 

そして、その前に、
企業はどんな人を欲しいと思っているのか?
経験だけでなく、仕事や会社に関する考え方も含めて、
しっかり把握する(あるいは推測する)必要があります。
 
それが、「なかなかわからないんです。」・・・という人も
多いのですが、そんな時は、

「自分がその会社の社員で、採用する側だったら
 どういう人を採用しますか?」
 
という疑問を自分に投げかけてみてくださいね^^
 
 
それを、転職する時になって考えるのではなくて、
在職中から常に考える習慣をつけておく必要が
あります。大切です。
 
 
そんなことを考えていると、「職探し」というのは、
新卒・中途に関わらず、人それぞれ、違うものだと
つくづく思うのです。

平成バブルなどの以前のような好景気には、
もう戻らないと思いますが、それ故、好景気時の
職探しの幻想は、早く取り除いて、これからの
職探しを創造しなければなりませんね。
 
 
また、ちょっと難しいことを話そうとして、うまく
説明ができません^^; すみません。
 

日々、一生懸命すればするほど、そういう壁にも
何度もぶつかって、これではどうか?今度こそ!
なんて、トライしている今日この頃です。

また、皆さんからのご意見をお待ちしています。

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ