北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

東京で利用する電力を、なぜ、福島原発で発電?

[2011/3/25 11:33.03 | Comments(2)]

原発のことになると、僕はいつもこんなことを考えます。
  
 
福島にある原発は、東京電力のもので、東京(関東)で
利用する電力を福島で発電しているということ。
 
「東京(関東)で使う電力なんだから、どうして、
 東京(関東)で原発を建設して、発電しないの?」
 
 
実は、僕が学生の頃、出身地の和歌山県には、
関西電力の原発建設計画が、3つ程あって、
僕らは署名運動をしたりして反対したのですが、
その時のキャッチフレーズが、

「原発が安全なんだったら、電力をたくさん利用する
 大阪で建設すればいいでしょう!」

でした。
 
 
 
どうして、東京(関東)に建設しないか?は、もちろん、
万が一の危険性や、政治的なこと、それ以外にも、
いろんな意味があるとは思いますが、
 
ここで言いたいのは、僕らが東京(関東)で利用する
電力は、福島の方々の有る意味、大きなリスクの上に
成り立っているということ。
もちろん、福島には大きな資金が落とされているとは
思いますが、万が一の時は、長く住み慣れた家や土地を
無くしてしまうかもしれない・・・というとてつもなく大きな
リスクを背負っていること、・・・。
 
 
あーーー僕が言葉にすると、軽くなってしまうけれど、
安全に「完全」なんてない。
想定は、あくまでも想定であって、想定外のこと、
特に自然現象の場合は、どうしようもないということ、
 
そして、僕らの便利な生活は、ある大きなリスクの上に
成り立っていること、
 
いつも忘れないで、生活してきたいです。
 
 
ちょっと、今日はしんみりです^^;
皆さんのご意見もお聞きしたいです。

Trackback URI

Comment(2)

中学校時代の先生が、「原発が安全だと言うならなら、東京の地下に造ればいいんだ」と言っていたのを思い出しました。
大昔は、近くの山から焚き木を拾い、近くで採ったものを食べていました。
人口が増えて経済活動も世界規模になってくると、どうしても分業が必要になるのはしかたがありません。
でも、北田さんのおっしゃるように、便利に手に入る食料やエネルギーは、様々な人の「おかげ様」で成り立っていることを忘れてはいけないと思います。
リスクの対価を払えば良いというものではないと思います。
震災からの復興は、「日本力」を世界に猛烈にアピールすることになると思います。
「勝ち組・負け組み」の価値観ではなく、「おかげさま・おたがいさま」の価値観で日本力を。発揮したいです。

  • 2011/3/25 14:56.05
  • kubota

kubotaさん
早速のコメントありがとうございます。
「日本力」をアピールする絶好のチャンスですよね。
お互いに頑張りましょう!
これからもよろしくお願いします。

  • 2011/3/25 15:08.39
  • admin

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ