北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

趣味で開発したアプリはありませんか?

[2011/9/27 11:25.02 | Comments(0)]

ITエンジニアの採用に、こんな質問をされることが多くなりました。
  
 
僕らが、求人企業さんにエンジニアを推薦すると、

「この方が、趣味などで個人的に開発したアプリはありませんか?
 何かECサイトのようなものでも良いんですが・・・。」
 
そんな質問をされることが多くなりました。

職務経歴書の内容よりも、その人自身が作った、アプリや
サイトを見て、面接に進むか?どうか?が決められるのです。
 
会社での仕事として、作ったものでも、良いのですが、
ご自身が趣味や自分を試すために作ったものの方が
良いようです。
 
求人企業さんは、それを見て何を判断しているかというと、

「そのアプリやサイトを利用してくれる人(ユーザー)の目線で
 開発・作成されているのか?」

というのがポイントになります。
 
「これはいいはずだ!」というような、開発者がユーザーに
押し付けるようなものは、ダメだそうです。
徹底的にユーザー目線で!!!

 
 
求人企業がこういうくらいですから、既に、個人的にいろんな
アプリを開発している人も増えてきているようですが、
「とりあえず作ってみた・・・」という感じのものが、まだまだ
多いようです。

 
会社で仕事として開発しているだけでは、ダメになってきました。
プライベートの時間も、自分の腕を磨く鍛錬が必要です。
 
自分のお金と時間を使って!!!

 

あるベンチャーの社長さんがおっしゃっていました。
 
「コンピュータが好きでマニアックな人がいいですね。
 例えば、趣味でもソフトウェアを作ったり、コンピュータ関係の
 イベントに出たり、自宅でサーバを運用している人かな?
 そんな人がいたら、大歓迎です。」
  
 
 
どうせ作るなら、徹底的に!
ご自身のノウハウを全部出し切って!
それを武器に、企業にアプローチしましょう!
 
こんな人たちが、僕らのスカウトの対象です!
我こそは! という方、是非、お会いさせてください!

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ