北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

製品全体をイメージして開発できる人材が・・・。

[2011/10/3 23:40.58 | Comments(0)]

大手メーカーの人事担当役員の方とお話をさせていただきました。
 
 
「組織が大きくなって、また、開発する製品の高度化が進んだ
 弊害だと思いますが、仕事が細分化されて、それぞれの
 担当分野の技術を深く極めることはできるのだけれど、
 完成される製品の全体を把握して、開発に携われる人材が
 少なくなってきたんです。
 
 『全体をイメージして開発を進めるような仕事をしてみないか?』
 と抜擢しようとするけれど、  
 『それはやりたくありません!』
 なんて、あっさり拒否されたりして、困っちゃって・・・。
 
 会社や開発の方向性を、リーダーシップを持って、牽引できる
 人材の育成が最重点項目になってきました。」

 
 
そして、もう一つは、グローバル化!
 
「どんどん海外へ出て行く必要が出てきていて、技術移転はもちろん、
 経営そのものも海外へ移転する時代も近いかもしれないので、
 外国人の採用はもちろん、経営層にも外国人を登用することも
 考えていて、いろんな国の人材を採用すること、また、現在の
 日本人社員も、グローバルなコミュニケーション能力を高めて行くことも
 必要だと思っています。」
 
 
 
これは、ずっと以前から考えておられたことでしょうが、こういう動きに対して
企業から求められる人材の資質に変化が出てくるだろうし、僕らが企業に
紹介する人材も変化してくると思います。
 
いろいろやることがたくさんあります!!!

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ