北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

自分の質問で、面接の雰囲気が盛り上がるように!

[2011/11/29 15:06.45 | Comments(0)]

面接の場で、皆さんはどんな質問をしますか?
 
  
面接で何を質問するか? というのは、とても重要です。
「何か質問はありますか?」と言われて、簡単に何でも
聞けば良いということではありません。
質問の内容によって、評価が違ってきたりします。
 
「年間休日は?」と聞けば、相手は、
「この人は年間休日日数が大切なんだ」と思うし、

「今の事業の課題は何ですか?」と聞けば、相手は
「事業についてどんな状況か?が大切なんだ」と思うし、
 
もちろん、一つ一つの質問だけでなく、全体的に
どんな質問をしたか?によって、その人の大切なことや
仕事に関する考え方などが浮かび上がってきて、
それが自分たちの会社に合うのか?を評価します。

自分の質問に対して、求人企業の面接官が、
残念そうな顔や、どうしてそれが大切なんだろう?と
言うような雰囲気が出てきたら、要注意です。
 
自分の質問によって、会話が盛り上がるような質問を
しっかり考えて、面接に臨めればいいですよね。
 
  
  
逆も然りなのです。

面接で企業が質問することは、その企業にとって、
採用判断するに当たって重要なことなのです。

「なぜ転職を考えているの?」
「こんなことはやったことある?」
「これは何人くらいのプロジェクト?」
「こういう時はどうしますか?」
「マネージメントの経験は?」 etc.

もちろん、一つ一つの質問だけでなく、全体的な
質問の内容から求人企業の大切なことを把握できるし、
それが解れば、しっかりアピールもできます。
 
質問に単純に答えるだけでなく、
「ははーーん、この会社はこんなことが大切なんだ!」
と考える余裕を持って、臨めたらいいですね。
 
そして、その部分をしっかりアピールして、面接の場が
盛り上がるように、質疑応答を進められれば、自ずと
良い結果が出ると思います。

 
これは、面接の初歩の初歩です!
皆さん、できていますか~?
 
まずは、僕との面談で、会話を盛り上げてください(笑)

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ