北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

日本は異常だから・・・!?

[2011/12/22 10:02.09 | Comments(0)]

昨夜は、長い間、アジアの国々とのビジネスに
関わってきた大先輩お2人と会食。
いろんな経験談を聞かせていただいて
とても楽しい時間でした。
 
  
アジアの企業が、日本企業に部品や材料を
売ろうとする時に、最も苦労することは、
 
「品質」 と 「納期」
 
だそうです。
 
 
「どうしてこれではダメなの?使えるよ!?」

「1個が不良だからって、そのロットを全て
 返品してこなくてもいいんじゃない?
 その中に良品もあるのだから、それを
 使ってくれればいいのに・・・!?」

「どうしてその日じゃないといけないの?
 そんな早くできないですよ。」

「日本の企業の考え方が、理解できない!」
 
とアジアの企業に言われた時は、
 
「日本は、異常だと思ってくれ。
 でも、日本企業に納入できれば、世界の
 どこの国でもビジネスができるから!」
 
と必死に説得するらしいです。
 
  
 
逆に、日本企業の人が、取引先のアジア企業を
視察に行く時は、必ずというか、先ず最初に、
物流倉庫を見るそうです。
 
「材料がどのように保管されているか?」
「出荷前の製品がどのように保管されているか?」
を見るだけでその会社の品質がわかるそうです。 
  
 
それだけ、日本企業が作る製品は、品質が良いというか、
いろんな付加価値を付けているんですよね。
でも、それがアジアの国々では理解されにくい。
きっと、過剰な品質もあるかもしれませんね。
買う側が本当にそこまで求めているのか?

 
そうそう、30年程前に、日本向けに水鉄砲をアジアで
作った時、水漏れしない水鉄砲をどうやって作ったか?
という話は凄く面白かったです。
 
 
ずっと前からビジネスをやってきた大先輩のお話は
とても勉強になるし、面白いです。
いろんな角度から物事を見るキッカケをもらいました。

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ