北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

営業という仕事の深さを知る!?

[2012/5/21 14:39.45 | Comments(0)]

営業だろうと、技術だろうと、管理だろうと、
どの仕事もやればやるほど、その深さを
痛感すると思います。
突き詰めれば、突き詰めるほど!
  
 
先週、30歳前半で営業職になった2人の人と
お会いしてお話をすることがありました。
 
1人は、31歳で人事異動で(会社から言われて)
技術マネージャーから、営業マネージャーになった人で、
今は、某社の営業役員をされています。
  
「お客さんに提案に行って、うちの提案の方が
 他社よりも値段は安いし、機能は高いし、
 お客さんは、絶対に採用してくれるだろうと
 思っていたんだけれど・・・・。
  
 同行していた当時の役員から
 『あの提案は、ダメだよ~!
  機能と値段だけじゃないんだよ!』
 って言われたんだよね。

 技術の時は、それなりに自信を持ってやっていたので
 『営業に移動してもできる!』
 と簡単に考えていたけれど、
 あの時に、営業という仕事の深さを知ったよ。」
 
 
もう1人は、入社以来、工場管理や総務の仕事をしていて
31歳で、自分から希望して営業に異動した人。
 
「自分から希望して営業に異動したけれど
 1年、いや、2年間は、本当に苦労しました。
 売れませんでしたね(笑)
 
 お客さんといろんなシチュエーションで話をしたり
 違う人、例えば、ライバル会社の人と話をしたりして
 お客さんが言っている本当の意味が、少しずつ
 理解できるようになってからかな・・・?
 
 でも、今でも完全に理解できているとは言えないしね。
 油断したら、痛い目にあいますよ。」
 
 
誰でも、最初からうまく行った訳ではないんですよね。
苦労しながら、自分自身を成長させて行く。
どれだけやっても、『これで良い!』という限界はなくて
やればやるほど、難しさや深さを痛感して、また、頑張る!
  
  
  
そんなことを言っている僕も・・・そう理工系出身で
新卒で入社した会社では、一応、技術職!
それをみんなに話すと、
 
「えーーー!全然、技術屋に見えませんよ!」
「そんなに口八丁に見える?(笑)」
「見えますよ~!(笑)」
 
という会話を良くします。
 
自分じゃ、
 
「交渉下手だな~・・・。
 すぐにシロクロ付けたくなるし、・・・」
 
なんて思うこともしばしば(すみません)。
 
「北田さん、そんなに急がずに
 ゆっくり考えさせてよ!」
 
って言われることもあります。
 
 
まだまだ、修行中です(笑)
 

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ