北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

iPS細胞を持った人材が欲しい!?

[2012/10/23 21:13.30 | Comments(0)]

ある社長さんとの会話です。
 
 
「北田さん、今ドキなこと言っていいですか~?」

「いいですよ~!
 何ですか? 今さらあらたまって・・・(笑)」
 
「iPS細胞を持った人材はいませんか?」
 
「どうしたんですか?」
 
「いや~ いろんな人を面接しているんだけれど、
 『今までの経験を生かして・・・』って言う人が殆どで、
 『違うこともチャレンジできる?』って聞くと、ポッカーンと
 しちゃうんですよ。
 いずれ経営陣の一角を担ってもらおうと思っているのに
 それじゃ~ね・・・(笑)
 iPS細胞のように、『やってみましょうか?』くらいに
 どんな仕事でも、機能を発揮してくれるような人材がいたら
 いいな~ なんて思ったりします(笑)
 私の勝手な期待かもしれませんけれどね・・。」
 
「お気持ちはよくわかります。

 最近の紹介案件で、入社してやってもらう仕事内容が
 決まっていないのに、採用が決定したケースがありました。
 採用する側は、
 『この人なら是非採用したい。何をやってもらうかは、
  まずは共通部門でやってもらって、その後に相談して
  決めたい。』
 と言っていて、採用される側は、
 『この人達と一緒にやってみたい。これを担当して欲しいと
  言われたら、それを一生懸命やります。』
 と言っているんです。
 
 この人を『iPS細胞を持っている人材』と言っていいかどうか?
 はわかりませんが、こんな感じの人材なんですよね?」
 
「そんなケースがあるんですか?
 やってもらう仕事内容を決めないと、来てくれないのか?と
 思っていました。」
 
「それが当たり前だと考えてしまうと例外は起こりません。
 人の採用も、今までの常識をちょっと考え直すことも
 必要かもしれませんね。」
 
  
 
人材紹介を長くやっていると、「こんなのはダメ!」と
条件反射で思ってしまっていることも、時々あって
あとで、「いや、もしかしたら違うかも?」と
気づくことがよくあります。
ドキっとしちゃう!

経験がないと本当にできないのか?
経験がないとできる確率が低くなる?
 ・・・・・
 
この社長と会話をしていて、こんなこと思ってしまいました。
 
 
ps.
先週、僕の快気祝いをしてくれた高校の後輩達との記念写真。
同級生も1名います。みんな、いい顔しています!
みんな、ありがとう!

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ