北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

総合的事業構想人材がいない!?

[2013/3/21 15:13.44 | Comments(0)]

一昨日、浜松で開催されたインディペンデンツクラブに参加して、
早稲田大学名誉教授の松田修一先生のお話を聞いてきました。
  
  
「今ある経営資源を生かして、企業を成長させることができる
 人材がいない!本当にいない! 北田さん そんな人材いる?」
 
「 ・・・・・・・ 」
   
  
日本には経営ができる人材がいない・・・と良く言われますが
じゃ、どんな人材が必要なのか? 松田先生の資料から
そのまま転記させていただくと、

○ 総合的事業構想人材
○ バリューチェーンの統合俯瞰人材
○ 横串刺し一体経営人材
○ クローズとオープンの加速人材
○ グローバル(成長地域)活用人材
○ スピード対応人材

ということになります。 
 
情けないのですが、これを読んで、何となくわかるような、
わからないような・・・。
   
  
具体的にどんな人材をいうのだろうか?
有名な経営者をこの6つに分けるとしたら、どうなるのか?
   
    
僕らもこういう視点で、転職候補者を評価しなきゃいけませんね。

僕らの仕事は、経験とかキャリアとか、一生懸命、職務経歴書を
書いていただくんですが、なんだか、細かい方へ、狭い方へ
どんどん入っていっているようで・・・。
 
20歳代、30歳代はともかくとして、40歳代以上の人材には
こういう視点での評価が必要ですよね!!
 
役員年齢もどんどん下がっている現在、40歳代以上の人は
ご自身がどういうタイプなのか? 一度考えてみてください。
  
 
次回、松田先生にお会いする時は、もう少し具体的に質問をして
聞いてこようと思います。

皆さんに話す前に、僕の勉強がもっと必要ですね(汗)
   
   
   

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ