北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

自分を頼ってくれる部下を残していけない!?

[2013/3/29 13:57.38 | Comments(0)]

最近、僕がスカウトしようと動いたCandidateから届いた
辞退のメールの内容(一部)です(涙・涙・涙・・・)
 
 
「やはり、今の仕事において、自分を頼ってきてくれる
 素晴らしいチームメンバーを残していくことは考えられ
 なかったです。
 またビジネスも道半ばでもあるため、もう少し続け結果を
 残したいとも思いました。」
  
「残していく部下のことを考えると、後任や新部署の業務に
 ある程度の道筋をつけずに退社するのは後ろめたく感じています。」
  
 
僕から見て、いずれも優秀な人材で、大手企業で
営業マネージャー、開発マネージャーとして、活躍されています。
 

流石です。
自分を頼ってくれるチームメンバー、部下のことを思いやっている。
チームメンバーや部下から、自分は必要とされているという実感が
表現されている内容です。 
 
「自分は必要とされている!」という感覚は、どこの企業で
働いていても、誰でも、必要な感覚だと思います。
この感覚が無くなった時に、転職を考える人も多いのではないでしょうか? 
  
   
もちろん、メールでいただいた辞退理由以外にも、何か理由が
あるかもしれないし、本当は全く別の理由があるかもしれませんが、
いずれにしても、僕のビジネス面から考えると、優秀な彼らが
そういう感覚を振り払ってでも、チャレンジしてみよう!と
思えるほどの案件ではなかったということで、反省しなければいけない点です。

彼らにとって、もっと良い案件、果敢にチャレンジしたいと思える
案件をいつか持って行かなきゃならないです。
  
 
彼らには、今の会社でさらに頑張って、会社を牽引するような人材に
成長して欲しいと思いますし、一方で、いつかはスカウトして、別の
会社で大きくステップアップして欲しい!とも、思う複雑な心境です。
  
どちらになろうと楽しみであることに違いはありません。
 
彼らとは、これからもお付き合いをさせていただければと
図々しく思っています。

どうぞよろしくお願いします!!! 
  
   
   

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ