北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

第25回 ‘北田’の食事会(2013.05.16 MOMO@表参道)

[2013/5/19 21:44.34 | Comments(0)]

「誰かに必要とされている」
「誰かに感謝されている」
「誰かが見ていてくれる」

そんな、幸せな気持ちにさせてくれるところが、
ソーシャルゲームが大きく成長したポイントでしょうか?
  
  

 
   
先週5月16日(木)に、第25回‘北田’の食事会を開催しました。

今回の特別ゲストは、アクセルマークグループの野津幸治さんです。

野津さんは、学生時代にアルバイトしていたリクルートに入社、
「財閥銀行」「体験版ソフト」、OPeNBooKで「The TOWER」、
インディソフトウェアを設立して「街ingメーカー」などの
ゲームソフトの企画・開発に携わり、現在は、アクセルマークグループに
ジョインして、ソーシャルゲームの企画・開発を担っておられます。

僕と野津さんとは、もう20年近いお付き合いでしょうか?
確か、OPeNBooK時代に幕張にあった会社に訪問させていただいたのが
最初だったと思います。早速、自分のPCに「The Tower」を
インストールして遊んだ記憶があります。
また、食事やゴルフも一緒に楽しませていただきました。
   
  

(アップに耐えられない? すみません・・・笑)   
   
    
野津さんには、ソーシャルゲームの楽しさ・面白さを中心に
ゲーム業界の歴史、ゲーム通になれる業界用語など、興味深い
お話を聞かせていただきました。
 
・ソーシャルゲームとは、
 SNS上の他のプレイヤーとの協力や競争、カードやアイテムの収集を
 重視した内容であることが多い。
 短時間で遊べるものが多く、スマホなどで遊べることを対象にしている。
 基本的にプレイ料金は無料で、アイテム課金制を取るゲームが主流。

・ソーシャルゲームは、時間とお金があれば、目的を達成でき、
 且つ、「誰かに必要とされている、感謝されている、見ていて
 くれる。」という実感を得ることができる。
 ある意味、実社会と同じ感覚が得られる。
 
・世界観-達成感-どきどき感-つながる-認められる
    
・ゲーム提供者としては、1回5~7分、1日5~6回プレーして
 くれれば、という想定をしている。
 野津さん自身もゲームに参加して、楽しんでいるそうです。
 この日も会が終わったあとで、「僕が何もしなくても
 仲間が頑張って勝った!」とおしゃっていました。
    
・この用語を知っていると業界通!?と思われる!?
 -DAU:その日にログインしたユニークユーザー
 -MAU:その月にログインしたユニークユーザー
 -継続率:ReturnRate ある日に登録したユーザーが、
      将来の別の日に残存している率
 -課金率:DAUに対しての課金したユーザーの割合
 -ARPU:総課金額をDAUで割ったもの
 -ARPPU:総課金額を課金者数で割ったもの
 -ネイティブアプリ:スマートフォン用のネイティブコードで記述され、
           AppStoreやGooglePlayを通じて提供されるアプリ
 -ブースト:リワード(報酬)付与などのプロモーションプランを用いて、
       短期間でユーザーを獲得すること
 -オーガニック:AppStoreやGooglePlayのランキングやアドネットワーク広告
         などから自然に入ってきたユーザー
 
・ゲームの歴史~オジさんの僕は懐かしくお話をお聞きしました。
  初の家庭用ゲーム機 ~ スペースインベーダー
  ファミコン時代 ~ スーパーマリオ、ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー
  携帯ゲーム機 ~ ゲームボーイ
  32bit機市場ピーク ~ 3DO REAL、セガサターン、ドリームキャスト、
              プレイステーション
  企業再編の時代 ~ スクエアとエニックスの合併など
  ソーシャル化 ~ Facebookのサービス開始をきっかけに!
           mixiアプリ、モバゲーオープン化、カカオトーク、
           グリーオープン化、LINE、etc.
 
・僕も質問をしました!「僕のようなオジさんがSNSゲームを始めるとすると、
 どんなゲームがいいですか?」
 ⇒ 「まずは、三国志あたりから始められたらいいと思います。」
  
  

   
   
僕がいつも参加している「グローバルマーケティング研究会」を
主催されている、明治大学の大石先生もご参加いただきました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
   
  

   
   
リブモア・インターナショナル・インクの徳永社長、
エジソンの田中社長、フロント・アイの山中社長、
ComeCome(カムカム)の小林代表にも、ご挨拶をいただきました。
ありがとうございました。
   
   

     
   
      
今回も皆さんのお陰で、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

お話をいただいた野津さん! 楽しいお話をありがとうございました!
ご参加いただいた皆さん! ありがとうございました!
 
次回は、7月又は8月になると思いますが、是非またご参加ください。

案内は、基本的には、Facebook で招待させていただきますので
可能であれば、Facebookでお友達申請していただけると、助かります。
もちろん、Eメールでの連絡を希望される場合は、その旨、Eメールで
ご連絡いただけると嬉しいです。
 
感謝!!!
 
 

 
 
さあ! 三国志! はじめてみよう!!! (汗)(笑)

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ