北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

親の代理お見合い・・・!?

[2013/6/24 23:42.18 | Comments(0)]

今夜は、大変お世話になっている大先輩と会食でした。
1人息子さんの結婚が決まったそうです。
 
「おめでとうございます!お見合いですか?」

「そうなんだよ!
 実は、親の代理お見合いっていうのがあって、
 2年前からそれに参加していて、うまく見つかったんだよ。」
 
「え?そういうのあるんですか?」
 
「あるんだよ!
 ネットで『親のお見合い』で検索するといっぱい出てくるよ!
 いやー、何回か参加したんだけれど、男の方と、女の方と
 それぞれ100組ずつくらい参加していて、全員の名簿があって
 最初の30分は女の親が動いて、次の30分は男の親が動いて
 名簿を見ながら話をしに行くんだよ。
 もちろん、断ってもいいし、話をして良い印象であれば
 持ち帰って、息子に話をして、もちろん、息子も拒否することも
 あれば、『じゃ、会ってみるか・・・』ってなれば、引き合わせて
 あとは、当事者同志(息子・娘同志)が、付き合って決めるんだよ。」
 
「これだと、親が反対することはないんですね(笑)
 でも、親が動かないと結婚相手を探せないのかな・・・(笑)」
 
「いや、本当に探そうとしないんだよ。うちの息子は!
 放っておいたら、いつまで経っても結婚しようとしないからさ!
 知り合う機会も少ないようだからね。」
 
「でも、お父さんに、いい女性と巡り会えるチャンスをもらったというか、
 本当に良かったですね。おめでとうございます!」
 
 
皆さん、ご存知でしたか?
早速、「親のお見合い」で検索すると、いろいろ出てきました。
 
 
人材紹介に置き換えてみると・・・。
本人の代わりに、奥さんや彼女、親が面接をするということか?(笑)
代理面接って言うのかな?
僕の中では、ありえないな~・・・。
 
でも、時々、「親が反対しているんです。」とか、「嫁が反対・・・」とか
それを断る理由にする人もいるので、そんな時は、

「親を連れてきてくれたら、僕が説得するよ」とか
「奥さん連れてきてください。僕が説明するから!」とか、
「あなた自身はどうなの?」とか、

言ってしまうことがある僕です・・・(笑)
 
   
キッカケはなんであろうと、最終的には、仕事もお見合いも、自分自身で
しっかり悩んで、自分の責任で、しっかり決断をして欲しいですね。 
 
 
 

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ