北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

「頑張れば給与上がりますから!」 って当たり前でしょ?

[2013/10/24 17:40.02 | Comments(0)]

先日、「転職セカンドオピニオン」の相談に来られた方のお話です。
 
  
「 内定をもらった会社の年収提示が、現年収よりも200万円ダウン!
  この会社の人事の人が、
  『うちの会社は、頑張れば給与も上がりますから!』
  って言うけれど、、
  頑張れば給与が上がるのは当たり前でしょう? 」
 
「 その通りだね! 」
 
「 本当に私のこと、欲しいのか? よくわからないんです。」
   
    
この方の気持ちも良くわかります!  
  
  
一方、企業側の方からも、実際に

「 うちの会社の基準では、ここまでが限界です。
  何とかこれで入社していただいて、頑張っていただければ
  すぐに給与も上がりますから! 」
   
という言葉も良く聞きます。

以前に、給与を高く採用した人達が、思ったように活躍してくれていないという
経験をしている企業さんは、当然、給与基準をしっかり守りたいという心理が
働くようになるでしょう。

本当に活躍してくれるか?どうか?わからないのだから、まずは、その人の
パフォーマンスを見てから・・・という気持ちも良くわかります。
    
  
      
ただ、本当に優秀な人材が、目の前に現れている時は、違います。
企業さんもトップダウンで、その人材が満足する給与提示をしてくれます。
    
先日も、「特別契約社員」という処遇まで作って、条件を提示して
くださった企業さんがありました。
「契約社員」に「特別」がつきました^^
役員ではありませんが、役員と同等の条件です。
ただし、1年契約です。
 
「1年契約?当然でしょう!
 1年で成果を出せなかったら、自分の実力がなかったということです。
 頑張りますよ!」
 
できる人って、こういうものだと思います。
なんの驕りもない。純粋に貢献しようと思っておられる。
  
   

企業さんが、給与基準を無視してでも採用したいと思う優秀な人材を
たくさん紹介していきたいと思っています!!!
   
   
   

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ