北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

いい会社を作り過ぎたかも?

[2014/10/28 11:51.46 | Comments(0)]

いくつかの大手電機メーカーは、リーマンショック以来、
苦境から脱出できずに苦しんでいます。

僕がこの仕事を始めた25年前には、少なくても21世紀になるまでは、
「その会社の人なら、すぐに採用します。」
とまで言う求人企業さんがたくさんありました。

その会社の人がたくさん転職相談に来られます。
人物的にもスキル的にも、素晴らしい人が多いです。
なのに、どうしてリストラをしなければならなくなったのか?
 
僕は、「良い会社を作り過ぎたんじゃないか?」と思っています。

「一生懸命働いて、世界で一番になるぞ!
 社員や家族が幸せに過ごせる会社にするぞ!
 働きがいがあって、社員が生き生きしている会社にするぞ!
 給料も高くて、福利厚生も充実している会社にするぞ! etc.」

そして、世界に自慢できる良い会社が出来上がった。
そこにたくさんの人が集まり、技術も最先端、社員・家族は
給与・福利厚生に満足し、・・・。
 
ところが、こういう素晴らしい会社が、どうやって出来上がったか?
を知る人、そういう遺伝子を持った人が退職していき、残ったのは、
素晴らしい会社で生きることだけを持った遺伝子。
 
そんな時に、世界や社会の大きな変革が起こり、どうやって
それに対処するのか?もわからないまま、ズルズル・・・。
そんな気がします。
 
 
良い会社がたくさんできるのは素晴らしいことですが、
素晴らしい会社が出来上がった時から、陳腐化、退化が
始まることも頭に入れておく必要があるかも・・・^^;
 
 
富士通時代の上司が、

「北田君、工場の自動化ラインなんて、出来上がった途端に
 陳腐化していくんだよ。どんなに素晴らしい自動化ラインでも。」

って言っていたのをいつも思い出します。
(一緒にしちゃいけないかな?)
   
   
  
僕らの仕事も、
「これでOK!」「これで解った!」「絶対うまく行く!」は
禁物です。

何が起こるかわかりません。
だから、やり甲斐があるんだよね!
  
 
頑張ります!!!
 
 

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ