北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

競合企業からのスカウト!?

[2015/4/21 18:59.08 | Comments(0)]

ヘッドハンティング? 引き抜き?

いろんな表現をされるけれども、競合企業から
人材をスカウトする場合、スカウトする企業にも
リスクがあることを知っておく必要があります。
 
競合企業から人材をスカウトする企業は、
その人の経験やビジネス力を評価し、その力を
貸して欲しいと考えたり、相手企業の
ノウハウや営業ネットワークを手に入れたい、等
考えているのですが、・・・。

その人を迎え入れたために、逆に社内の情報が
競合企業に漏れてしまうことも有り得るのです。
特に、製造業の場合、生産技術や新製品情報など
注意することが多くなります。

それゆえ、人選も慎重ですし、スカウトの過程で
声を掛けたことが漏れていないか?その人の交友
関係は?、ビジネスの礼儀を理解している人か?
などなど・・・。

当然、僕らも慎重に&慎重に話を進めなくては
なりません。難しい仕事です。
     
  
全然違う話ですが、    
僕が駆け出しの人材コンサルタントだった時、
こんな話がありました。

ある企業が全国で営業を展開して、成長している中
どうしてもある地域でトップシェアになれず、
原因を探ると、競合企業に凄腕営業マンがいることが
解り、その凄腕営業マンを口説いてスカウトしたのです。

話の先があるのですが、その凄腕営業マンの意向も
あったようですが、その地域の営業としてではなく、
本社の管理部門のメンバーとしてスカウトしたのです。

まだまだ駆け出しだった僕は、

「そんなことがあるんだ!」

と驚いたことを今も覚えています。

 
 
もっと頑張らねば!!!
 
 

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ