北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

転職理由の表現は難しい・・・!?

[2015/7/7 12:14.53 | Comments(0)]

僕って意地悪なので、転職相談に来られた人の
転職を考えるようになった経緯・理由を
根掘り葉掘り聞くことが多いです。
   
  
例1)
「会社の業績が悪くて、転職を考えないと
 やばいかな?と思って・・・」

「あなたは、会社の業績が悪くなったら
 いつも辞めるの? 紹介先の企業さんの
 業績が悪くなったら辞めるの?
 会社って、そういう時こそ頑張って
 業績を回復してくれる人材が欲しんじゃ
 ないのかな?」
  
例2)
「上司と合わなくて・・・」

「会社って、人事異動があって、いつも合う
 上司とは限らないじゃん・・・。
 必ずしも上司が優秀とも限らないし、
 部下も優秀な人たちじゃないかもしれないし、
 そんな時にどうやるか?が大切なんじゃない?」

例3)
「親の面倒をみなきゃいけなくて、
 Uターンを考えているんです。」

「親の面倒をみることって大切だよね。
 でも、その会社に就職した時から、それは
 わかっていたことだよね。
 なぜ、今なのかな?」

例4)
「やりたい仕事をやらせてもらえないんです。」

「え?会社って、ずっとやりたいことやらせて
 くれないと思うよ。みんな、好きなこと
 やっていたら、収拾つかなくなるよ。
 会社が、あなたに何をしてほしいか?も
 少し考えてみようよ。
 その上で、やりたいことを伝えてみたら
 どうかな?」
  
  
いろいろ言ってすみません。

転職理由の表現は、それを聞く人達が置かれている
環境によっても、受け取り方が違うので、その表現
には注意が必要ですね。
 
それに、僕の勝手な自論ですが、転職することを
100%正当化はできないと思っているんです。

だって、どんな会社でも、そこにずっといて
成果を上げている人はいるし、コツコツ仕事を
して行っている人もいます。

転職を考えなくてはならなくなった理由の一部は
自分自身にもあることを、よく考えて欲しいと
思っています。
少しの反省が必要なんです。
 
 
本音は何なのか?
いい格好する必要はないと思います。
そして、これからどうしようとしているのか?
何にチャレンジしようとしているのか?

採用する企業さんは、これからのあなたに
期待をしているんです!!!

僕と話す時は、本音で!ガチンコ勝負で!
よろしくお願い致します。
 


 

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ