北田勝久、王道を往く!

熱く!パワフルに!そして時にはホロリ…とする北田の毎日の”なるほど”のおすそわけ。

30歳代後半から40歳代が一番保守的・・・という説?

[2017/4/11 13:03.15 | Comments(0)]

ある会社の役員さんとのお話。

「うちの会社のグループで社員アンケートをしたら
 30歳代後半から40歳代の社員が保守的な人が
 多いと言う結果が出て、心配しているんですよ。」

「結婚して子供もできて、経済的にも大変な時期に
 なるからかもしれないですね。」

「でも、一番頑張ってもらわないといけない世代と
 いうか、次の経営を担う世代なのに・・・。
 北田さんところに転職相談に来られる人達は
 どうですか?」

「色々ですよ。保守的な人もいますし、この年代で
 勝負を掛けてみたいと言う人もいますし・・・。
 ただ、あまりに保守的な人には、
 『転職しない方がいいですよ。
  転職は戦いですから!
  ますは、今の会社で勝負してみてください!』
 ってよく話していますw 」

「私は新卒で入社した会社で、失敗をしちゃって
 評価も低かったので、一応、ちゃんと成果を
 出して挽回してから、転職した時期ですね。
 家族をしっかり守るために、良い環境を
 自分で造るとか、自分で勝ち取るという考えで
 勝負に出ました。」

「今も頑張られていますよね~ 尊敬します。
 でも、人それぞれですよね。
 育った環境、入社した会社の環境、etc.
 今まで経験したことによって違ってくると
 思います。」

「これから何が起こるかわからないから
 何かあったら、よろしくお願いしますよ。
 ちゃんと紹介してくださいね(笑)」
  
   
保守的か?進歩的か? なんて、世代・年代で
傾向なんてなくて、人それぞれ!!!
それまでに経験したことで違います。
60歳の若者もいれば、20歳でそうじゃない人も
います。
 
ただ、30歳代後半から40歳代は、次の50歳代
以降に、自分がどういう状態になるかの重要な
時期でもありますので、保守的であるよりも
進歩的であって欲しいですし、保守的であるが
故に進歩的に行かなければいけないとも思います。
 
50歳代の自分は、30歳代後半から45歳までの
過ごし方で決まると思います!!!
僕はもう遅い!?(笑)
 
さて、今週も頑張ります!
どんな人、そんな企業さんと出会えるか?
とても楽しみです。
  
  
  
20170410_102804387d

このページの先頭へ