四元的身辺雑記

コンサルタント…じゃない四元から見たいろんなこと。

上司を知るには。

[2010/2/10 16:52.11 | Comments(0)]

寒いですねぇ{{ (>_<) }} ハイソックス派のわたしも、ついにタイツを購入・・・。 女性は冷やしちゃイカンのですよ(笑) さて、下記、メルマガに書いた雑記ですが流用いたします^^; -あの人は入口がすごーーーく狭い人だから、こちらから何もしなければ   絶対にコミュニケーションなんて取れないよ。 -例えば、誘ってくれなかったら「ゴハンでも一緒に行ってくださいよ。」と、   こちらから誘うくらいじゃないと。当然、1回誘っただけじゃ断られるから   「え~?行きましょうよ!」と食い下がることも忘れずに。 -最初に人を見るときに思いっきりマイナス評価から入る人だから、   その上司との距離を自分で縮めようとしないと、後々自分が   仕事しづらくなるよ。 -そして、わりとコミュニケーションが取れるようになって会話もするように   なると、今度はキツい意見は口頭では言いづらくなって、メールで   ガンガン言ってくるからね。それも忘れないように。 「今度あたらしく上司になった○○さん、どうも取っつきにくくて、 要望をいってもなかなか通らなくて困っています。 ○○さんは一体どういう人で、どういう接し方をしたらいいんですか?」 ・・・と、聞かれ、その上司の○○さんをよく知る彼は上記のように アドバイスしたそうです。 上司とのコミュニケーション、社内の人間関係ってとても大事で、 これがうまくいかないとストレスの割合がアップ!しちゃいます。 部下は上司を選べないなんていうけど、社内の人間関係なんて 友達じゃないんだから大抵は選べませんよね。 さらに異動、組織変更なんかもあったら、そのたびに一から 築き上げなきゃいけないなんて、結構大変。 わたしはこの状況で、その取っつきにくい上司と長年上司部下の 関係にあった彼に聞いてきたのは、とても賢明だと思いました。 自分で手探りで知っていくより、その上司をよく知っている人に 聞いて、早く新しい上司の懐に飛び込んじゃうっていうのは 業務を円滑にするのに最も効果的だと思います。 それを知った上で、自分の目でしっかり確かめればいいことですよね。 ストレス、ストレス、の文字の躍る社会ですけど、要領よく減らす 努力、工夫って結構、実行してないこともあるんじゃないかな。 わたしも「じっくり派」なんですけどね(笑

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ