北田会

異業種の仲間と知り合ったり、企業の社長の講演など、多くの刺激を得られる食事会です。

第40回 北田会 in 東京

[2017/11/9 22:19.01 | Comments(0)]

2017年11月8日(水)
第40回北田会in東京を開催し、
27名の方にご参加いただきました。

今回はいつもと少し趣の変わった会です。

シンガーソングライターの中村統吾さんをお迎えして、
ライブハウスの赤坂エルカミーノで、開催しました。

中村統吾さんには、オリジナルソングを含め、
3曲歌っていただきました。
(本当はもうちょっと聴きたかったなぁという感じです。)

その後、中村さんの軌跡などをお話いただきました。

kitadakai40_05

一見クールそうに見えて、さらにとても謙虚な
雰囲気をお持ちの中村さんですが、溢れる熱い想いを
持って活動してらっしゃいます。

ここで中村統吾さんのお話を少し簡単にご紹介しますと・・・。

音楽活動は学生の頃から行っていて、その頃はまだ
アマチュアで、プロになることは考えていなかったそうです。

幼少の頃から、「国際的なことをしたい。」という夢や
思いがあり、国際弁護士の道へ進みます。

その間もCDを作ったりしながら音楽活動も続けていました。

そしてロースクールに留学した時、クラシックの
歌劇のデュエットをしてみないかという話があったのですが、
結局実現せず、その話が立ち消えになってしまったそうです。

その時の落胆・・・。
「どうして自分はステージで歌っていないんだろう。」

その後、アメリカのオープンマイクのイベントに参加し、
(アメリカですから、ひときわ)リアクションが大きく
とても盛り上がりました。

その様子を動画サイトに載せたときにこんなコメントが
ついたそうです。

ーThis changed my life.ー

歌ってよかった。やってよかった。
音楽をやることで誰かの人生を変えることができるかもしれない。

そんな経緯と思いを持ち、
その後、ロンドンで弁護士として勤務しながら
本格的にミュージシャンをめざしたそう。

音楽を通して伝えたい思い。

それを胸に帰国し、ライブ活動を開始。
フェス参加をきっかけに音楽事務所と契約し、
プロのシンガーソングライターとしての現在にいたります。

もちろん、弁護士業も。

弁護士もミュージシャンも、共通していることがあります。
それは、人を救える ということ。
そう、中村さんはおっしゃいます。

紆余曲折の中で、情熱を失ったこともあったそうですが、
その情熱を取り戻すことができ、生涯を通して音楽活動を
続けようと決心したそうです。

いつか、弁護士×ミュージシャンという融合された
新しい何か に、なる方なのかもしれません。

kiitadakai40_06

「描いた未来にたどり着く道はきっとある。」

彼の話してくださったこれまでの軌跡と、
そして歌が、その言葉に真実味を与えてくれたような
そんな勇気づけられるライブ&トークでした。

正直にいうと
「すごすぎる。こんな人いるんだ。
 いつ寝てるんだろう・・・?」
と、思ってしまったのですけどね(笑)

kitadakai40_01

kitadakai40_02

ライブとトークの後の質問コーナーでは、
さすが、ビジネスに結びつけるなぁ~というような
質問も(笑)

時間の管理はどうしてますか?とか。
どうなることが最終的な目標ですか?とか。

表現する形は違えど、日頃悩んだり、成し遂げたい事が
あったり、何かをビジネスや自分に活かせないかと
アンテナを張ったり。

逆に、気楽におしゃべりを楽しめる場であったり。

ご参加いただいた皆さんから、そういう気持ちを
感じ取れたような夜でした。

初参加の方も7名いらっしゃいました。
ありがとうございました。

これを機会に、また皆さんの繋がりが
広がっていって頂けると嬉しいです。

ありがとうございました。

kitadakai

次回の開催が決まりましたら、またご案内させて
いただきますので、よろしくお願い致します。

Trackback URI

Comment(0)

まだコメントはありません。是非コメントをどうぞ!

Post Comments

  • (表示されません)

このページの先頭へ