オンライン面接だからこそ確認しておきたい!

昨年からすっかりスタンダードとなったオンライン面接ですが、IT企業各社が提供されているオンライン面接(面談)ツールも、使いやすさとか画質・音質が向上し、対面での面接と遜色ない品質と感じるようになってきて、技術の進化はすごいなと感じています。

前田も長く企業の採用支援に関わってきていまして、色々な立場で面接をさせてもらってきました。自社の面接官もそうですが、面接させていただいた人数という意味では、クライアントの面接代行として応募者の人を面接させてもらう方が圧倒的に多くなりました。

コロナ禍になる前からもオンライン面接はありましたが、海外在住の方との面接など、回数としては少なかったですし、多くが電話での面接でした。一部ではWeb面接を取り入れていた企業もありましたが、画質や音質が悪くて、情報交換のレベルでいうと対面での実施と比較できないレベルでした。

画質、音質や、通信環境が整ってきたため、オンライン面接の品質がぐっと上がって、かなり対面実施のレベルに近くなってきて、もはや「わざわざ面接を対面でする必要ってないのでは?」と企業側も考えるケースが増えています。

もちろん、対面実施の情報量には敵わないですが、初期の選考段階におけるコミュニケーションでは、今後コロナが収束したとしてもオンライン面接は標準の手法になっていくのかなと考えています。

そこで、最近感じることがあります。
せっかく、通信環境や各種のツールの性能が良くなってきたのに、実にもったいないと思ってしまうケースがあるのです。

応募書類の写真はどうです??

履歴書に写真を貼る貼らない議論がありますが、前田は「絶対貼った方がいい」派です。
何かしらご縁があったら入社するかもしれない企業なのですから、ご自身のお顔はお見せした方がよいです。

面接官は、どんな方か興味を持ち、ぜひお会いしたいという流れになっているのですが、写真を貼っていただけないと「どうでもいい会社って扱いかな」と残念な気持ちになって面接に臨みます。
その残念な気持ちは、微々たることかもしれませんが、面接官も人間ですので、判断に影響がでます。

あと、せっかく写真があるのに、縦横比がずれてしまってるパターンもあります。縦なり横なりに。
意外と多いんです。これも本当にもったいない。
応募システム側の都合でそうなってしまうこともあるらしいのですが・・・。
仮にそうだったとしても、面接官としては、「細かいところを気にしない人かな」と思います。

本当にもったいないですので、ぜひ一度立ち止まってご確認ください。

もう一つが・・・

イヤホンやマイクなどの音声関係はどうです??

パソコンやスマホのマイクとスピーカーをそのまま使っている人が結構いらっしゃいます。
社内の会議や友人知人たちとのコミュニケーションであれば、手軽でいいのですが、面接の場合は問題が発生することがままあります。

「ハウリング」を防止するために、音が重なったときにボリュームを小さくする機能があるのです。
お互いに話すタイミングを分けている場合は大丈夫なのですが、ふと言葉が重なる時ってあると思うんです。その時に一瞬ですがボリュームが小さくなってしまって、聞き逃してしまうことがあります。

もちろん「あ、今ちょっとだけ途切れてしまったので、もう一度いいですか?」と聞ければいいのですが、流れによってはそうできない場合も・・・。

イヤホンなどをせっかくご用意いただいても、設定ができてなくて使えないとか、ボリュームがゼロになってて聞こえないとか、ということも度々ありまして。

ヘッドホンでもイヤホンでもいいのでご用意いただいて、事前にお友達とやり取りして設定の確認や音量調整をされることを強くお勧めします!

私たちもお手伝いできます!

応募書類の写真にしても、オンライン面接時の機器類にしても、少しでも不安だなと思われたらお気軽にご相談ください。あなたのキャリアについて、中身をお伝えする貴重な場ですので、こういう小さいことですがネガティブな要素に繋がってしまうものは排除してしまいましょう!

本日もお読みいただきありがとうございました。

追伸)本日 遅まきながらワクチン1回目を接種して、若干腕が痛くなりつつあります。ひどくならなければよいなぁ。

Facebooktwitter
TOP