リモートワークに対する見方が変わってきた

最近は、企業さまとの打ち合わせもリアル訪問の場面が戻ってきました。
「会えるなら会った方がいい」というフレーズも多く聞かれるようになり、
実際に電車も混んできましたね。

とはいえ、以前のような混み具合でもないですし、
オンライン打ち合わせも減っているわけではないので、
仕事の仕方がフレキシブルになってきたということかもしれません。

私がずっと対面で対応していた面接業務(代行業務)は、
コロナ禍以降は「オンラインでもだいぶいける」となってきています。
もちろん、対面スタイルの方が交換し合う情報量が大きいので、
オンラインで全く問題ない、ということではありませんが、
「会議室を確保する」
「移動時間を確保する」
という手続きが不要になったことは、情報量が少なかったとしても魅力的だったことは事実です。

ただ、最近企業側の人も求職者も異口同音に聞くことが
「やっぱりリモートワークってちょっと不安ですよね」
です。

改めて言わずもがなですが、リモートワークのメリットは
・移動時間が不要
・移動時の体力が温存できる
・集中できる(環境にもよるけど)
・自分のペースで仕事できる
・家事や育児と並行して仕事ができる(仕事内容にもよるけど)
などかなと思いますが、

逆に言うと
「自分の仕事のレベル、ペースが適切かどうか分からない。」
ことに悩んでいる人の声を聴くようになりました。
あと、
「まだキャッチアップ中の同僚や後輩に対してサポートが難しい」
という声も聞かれます。

要は「人の振り見て我が振り直せ」がリモートワークだと機能しないため、
自分自身の仕事に自信を持ちにくい一面が露呈している様子であり、
一方で、
自分自身の仕事レベルを勘違いしてしまっている人の軌道修正が難しい、
ということでもあります。

そして、仕事中のふとした雑談は、気持ちの切り替えに欠かせないし、
「一人じゃない」ということはとても重要なことだと思うのです。

インターネット環境やデバイス類が普及して、
リモートワークのツールが一般化して、
我々自身も使い方が慣れてきたということで、
これからもリモートを活用しながら仕事をしていくのでしょうが、
一人で出来ることなんてたかが知れているわけで、
リアルなコミュニケーションを大事にしたいと思っている今日この頃です。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

Facebooktwitter
TOP