2度目の転職|経験を活かす道を探して。

Tさん(47歳)ダイレクトマーケティング/健康素材メーカー

今回が2回目の転職です。

1社目で通販・ECに関する幅広い経験を積み、それらを総合的に活かしたいと思い、2社目へはEC責任者として入社しました。
しかし、成長業界ながら後手の対応で年々売上は鈍化し、お客様・取引先・従業員を大事にしたいという私とは経営方針もあわず、転職を考えるようになりました。

転職活動にあたって・・・

転職活動にあたっては、事業会社のEC・デジタルマーケティング関連で探していました。
私は特定した何かの技術にたけているわけではなく、通販やウェブの長い経歴、多様な取扱商品、企業リブランディングなど、いろいろな体験・経験を積んだことが特徴です。

面接を受けた中には「女性管理職経験者が欲しいから」という企業もあり、驚いたこともありました。

企業から求められていること・できること・やりたいこと、年齢とキャリア、業務・組織・企業規模など、何が貢献できるのか、自分がどうフィットするかをイメージしながら活動をしていました。

転職を決めた企業との面接はディスカッション形式でした。今後の詳細は未定という状態でしたが、そのぶん私の経験が活かせる場があると思い、また、デジタルという単語に振り回されず実直に取り組もうという姿勢が感じられたことも要因となりました。

転職エージェントを利用してみて。

転職エージェントは複数利用していました。
情報だけ提供のところ、面接同席しフォローいただくところ、いろいろありました。

その中で北田さんはエージェントと企業との情報齟齬が少なく、一番細かく隠さず、でした(ネガティブなことも、そのままお伺いしましたが笑)。

私は面接でのアピールが得意ではなく、話を聞いて納得して消化するクセがあるため、先方が受けた印象も北田さんから率直に伝えていただき、はっぱをかけられました。
企業との面接は数回の短い時間ですが、それを埋めるべく企業に対しても私に対してもフォローもしていただき、感謝しています。

転職の賛否

家族は私の選択を尊重してくれますが、地方出身のため地元ではまだ転職に否定的な意見もあります。
それぞれの事情があると思いますが、現在転職を検討している方が転職をしても、留まっても、いい選択だと思い、そうしていけることが一番だと思います。


コンサルタントのコメント

当初は,面接というよりは情報交換、事業に関するディスカッションのようなところからスタートし、戸惑われたかもしれませんが、相手の 話をじっくり聞いて、冷静に判断される様子を、求人企業さんも高い評価をしてくださいました。
お仕事が大変お忙しい中、休日や早朝に何度もお時間を頂き感謝しております。応援しています!

TOP